相談掲示板 投稿数:8947

クリニック体験談 投稿数:554

アイコンレーシックを考えるページとは

アイコン管理人のレーシック体験記

レーシックで失敗しないために・・・ レーシックを考えよう!

レーシックを考えるページ
 

レーシックの種類

レーシックと一口に言ってもその手術方法にはいくつかの種類があります。
それぞれについて特徴や医師に必要な技術量が変わってくるので、レーシックを受ける際は自身にもっとも合った方法を選ぶ必要があります。

ケラトーム(普通のレーシック手術)

私が受けたのはこの手術です。レーシックの基本とも言えると思います。
特徴としてはマイクロケラトームという機材を使う事が挙げられ、この機材を使うことからケラトームという名前で呼ばれています。
手術内容もオーソドックスで、麻酔をかけてからケラトームで保護層を剥してフラップを作り、レーザーで角膜の形を作ってからフラップを戻すというもの。
最も昔からあるものなので方法は確立されていて、比較的行われやすい手術です。

レーシックの方法 レーシックの方法 レーシックの方法 レーシックの方法
点眼による麻酔を行う フラップを作る レーザーで角膜の調整 フラップを元に戻す

イントラレーシック

現在主流となっている方法がこちらの手術方法。
フラップを作る時にマイクロケラトームを使わず、レーザーを使って保護層を剥してフラップを作る方法です。
ケラトームとは作られるフラップの形が異なり、手術後に定着しやすいために後遺症の危険性もケラトームより少ないようです。
安全性と精度が高いため、人気のある方法です。

スポンサード リンク

ウェーブフロントレーシック

この方法は、手術前の検査に特徴があります。
ウェーブフロントアナライザーという機械を使ったこの方法は、単純な角膜の形成による視力矯正だけではなく、目の細かな状態を把握して収差を矯正する事に特徴があります。
この収差を矯正する事によって、通常のレーシックよりもさらに見え方がくっきりとするのです。
手術内容は検査以外は通常のレーシックやイントラレーシックと同様となります。

スポンサード リンク

カスタムビュー

手術方法というよりはレーシック手術の追加オプションのようなものです。カスタムビューとは簡単に言えば一人一人にあったレーザーの当て方をする方法で、角膜の状態を理想的なものに近づける事で夜間視力などを満足いくレベルに仕上げるようです。
一人一人に合った方法で行うため、医師の技量が必要となります。

エピレーシック

レーシックは角膜の保護層を剥してフラップを作るため、以前は角膜が薄い人はレーシック手術を受ける事が不可能でした。
しかし、それを可能にしたのがこのエピレーシックです。マイクロケラトームという機材のかわりにエピケラトームという機材を利用することで剥すフラップを非常に薄いものにする事で、角膜が薄い人でもレーシック手術を受ける事が可能となりました。
しかし、この方法は通常のレーシック手術よりもさらに医師の技量が必要とされ、フラップが薄いために後遺症もでやすいものである事は確か。保護用のコンタクトも数日間はつけなければなりません。
手術を成功させるには慎重にクリニックを選ぶ必要があるでしょう。

ラセック

ラセックは、他のレーシック方法とは違って保護層を切り取らない方法です。
エピレーシック同様、フラップが非常に薄いものになるので、角膜の薄い人でも手術を受ける事が可能です。
内容としては、麻酔をかけた後に角膜をアルコールに30秒ほどつけ、柔らかくなった保護層の上部を剥してフラップとするものです。
こちらの手術もエピレーシック同様に医師の技量が要求され、保護用コンタクトも数日間つける必要があります。
また、ラセックのメリットの一つとしては、実際に保護層を切り取る事が無いので手術で作ったフラップが、術後時間の経過と共に、完全になくなるという事です。そのため、激しい運動を行う人などにおすすめの方法とも言えます。

以上が現在行われているレーシック手術の方法です。レーシックの技術は日々進歩しており、これよりも更に安全で、高精度の方法が作り出されるかもしれません。
大切なのは、自分の状態にあった手術方法を選ぶ事で、そのためには結局検査やカウンセリングを行う医師が重要となります。
しっかりとした安心の出来る医師・クリニックを選んで、レーシックの手術を成功させましょう。

レーシック難民座談会、後遺症に苦しむ方から失敗しないためのメッセージ

新着クリニック体験談

☆治療結果ランキングTOP5

順位クリニックポイント
1位安淵眼科4.8
2位名古屋アイクリニック4.5
3位銀座近視クリニック4.5
4位南青山アイクリニック4.4
5位品川近視クリニック4.3

>>ランキングを詳しく見る