相談掲示板 投稿数:9033

クリニック体験談 投稿数:554

アイコンレーシックを考えるページとは

管理人のレーシック体験記

レーシックで失敗しないために・・・ レーシックを考えよう!

レーシックを考えるページ
 
レーシック質問・相談掲示板

テープ

この書き込みに対する返信をすべて表示しています。 (返信:0件)

| 返信する |
 
テープ
(返信数:0) 返信

その他
. さん  ( 10代 女性)
2018-06-02 17:47:01
厚労省は6月から医療関連のウェブ広告規制を開始。

主な規制内容は次のとおり。
・患者の伝聞や体験談を広告に載せるのはダメ。
・患者を誤認させる恐れのあるビフォーアフター写真はダメ。

これは美容外科や自由診療クリニックを想定した規制。

-------

医療機関のウェブサイト上の掲載内容が「広告」とみなされ、規制される。「絶対安全な手術」といった虚偽の内容は罰則つきで禁止され、患者の体験談や未承認薬を使う治療の紹介も原則禁じられる。厚生労働省は近く、具体的な禁止内容を示す指針を公表し、6月に改正医療法を施行、規制を始める。

医療に関する広告は、患者を守る観点から医療法などで限られた内容しか認められていない。ただしインターネット上の情報は、主に患者本人が調べて得るもののため、テレビCMや看板と区別され、法令で規制されていなかった。

 しかし、保険がきかない自由診療の美容医療などで掲載内容を巡るトラブルが後を絶たず、内閣府の消費者委員会は2015年に厚労省に見直しを要請。規制を強化する改正医療法が6月1日に施行され、SNSなどを含めたネット上の情報でも、特定の医療機関に患者を誘う内容は広告とみなされる。

 改正法では、内容が虚偽なら6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金を科す。「日本一」「最高」など他施設よりも優秀だと思わせたり事実を誇張したりした表現は、自治体が中止を命令でき、従わなければ罰することができる。

上の書き込みに返信する方は以下のフォームに記入し、「送信」ボタンを押してください。

は必ずご記入ください

お名前
■メールアドレス
*専用のメールフォームが設置されます。
他のユーザーからメッセージを受け取ることができます。
本文
以上で書き込みできますが、よろしければ以下の項目も選択してください。
■年齢
■性別
 

ご注意

禁止項目に該当する書き込み、プライバシーの侵害、名誉毀損(事実の有無・真偽にかかわらず成立する場合があります)、企業・法人の権利の侵害、著作権侵害、暴言、広告・商業目的等に該当する書き込みでない事をご確認下さい。
利用規約を良くお読みいただいてから、送信ボタンを押してください。

▼掲示板TOPへ戻る