相談掲示板 投稿数:8980

クリニック体験談 投稿数:554

アイコンレーシックを考えるページとは

管理人のレーシック体験記

レーシックで失敗しないために・・・ レーシックを考えよう!

レーシックを考えるページ
 
レーシック質問・相談掲示板

南青山アイクリニック

この書き込みに対する返信をすべて表示しています。 (返信:37件)

| 返信する |
 
南青山アイクリニック
(返信数:37) 返信

その他
こうすけ さん 
2015-11-17 12:15:28
結局どこで受けても同じなのね。
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/10747913/
レーシックは危険なんだよ。

 
リンク先 さん  ( 30代 男性)
2015-11-18 13:12:20
【スクープ記事】南青山アイクリニック・元患者が深刻なレーシッ
ク手術後後遺症を訴えて要望書を提出するも、代理人弁護士らより
回答打ち切りの返答、医師法19条違反の疑いも・・
 
えぇ〜っと さん 
2015-11-18 16:36:08
http://www.sakurafinancialnews.com/news/9999/20151025_1

南青山もレーシック難民を排出してるって事が確認できるだけのくだらない記事だが、「LASIK=儲かる」で始めた南青山がダメだからと言って

>結局どこで受けても同じなのね。

って・・・相変わらず哀れ

 
さん 
2015-11-19 00:30:30
地方の小規模眼科から大学病院まで、ほとんどの眼科からレーシック難民が出ているね
後遺症出ても治療できないのは、どこも一緒だと思う
結局、どんな方法でも治せないから、めんどくさい患者は追い出して終わり。
1%でも失敗する確率があるなら、こんな手術受けるべきではない
 
えぇ〜っと さん 
2015-11-19 10:06:47
>ほとんどの眼科からレーシック難民が出ているね

妄想世界の愚かな誤り

>後遺症出ても治療できないのは、どこも一緒だと思う

ほぼ同意、LASIKに改善できない副作用が有るのは事実
ただし、それは術前から解っている事
それを理解して受けた方々は、難民などにはならない

>結局、どんな方法でも治せないから、めんどくさい患者は追い出して終わり。

完全に同意
めんどくさいレーシック難民は、追い出されて終わり
レーシック難民を排出していない眼科では、最初からめんどくさい患者(信頼できない患者)にLASIKを実施したりしない。

>1%でも失敗する確率があるなら、こんな手術受けるべきではない

これに同意する人は、LAISKを受けなければ良い

実際は、LAISKによって得られる恩恵とリスクを正しく理解して受ける受けないを判断すれば良いだけ。
何度も繰り返すが、まともな眼科でLASIK等の屈折矯正手術を薦められる事は皆無。
手法とリスクを詳しく説明(カウンセリング)するだけ。
カウンセリング時にめんどくさい患者(信頼できない患者)は、治療を断られる。
それ以外は、「良く検討してください。不明な点はいつでも聞いてください」でカウンセリング終了。

レーシック難民を排出している眼科と排出していない眼科の最大の違いは、来た患者を誰でも施術してしまうか、信頼できる患者のみに施術するかです
LASIK専門店の多くは、収益を上げる為、来た患者を逃がしてはいけないと思ってる。
まともな眼科では、無理にLASIKで収入を得なくても、LASIKより利益率の高い保険診療がいくらでも有るので、信頼関係が維持できない患者は断る
 
とおりすがり さん 
2015-11-19 10:26:09
今頃になって騒ぎになったのも
単純にレーシックの問題点が浮き彫りになっただけでしょ。
南青山とか他の眼科などのレーシック
手がけている側も文句あるなら
責任もって最後まで治療したなら
文句いわれない筈
 
えぇ〜っと さん 
2015-11-19 11:49:07
>責任もって最後まで治療したなら
>文句いわれない筈

南青山を擁護する気は無いが、客観的に見れば
先に苦情ありきなので「責任もって最後まで治療」できなかっただけ

通常、治療結果が思わしくない場合でも、検診時に詳しい説明を受け、以降の治療方針等を患者と医師で話し合う
それを、まともに会話できない奴が「要望書」を送り付け、自ら治療を拒否しただけ

南青山の「貴殿に責任追及の意図がある以上、今後いくら当方が貴殿のご質問にご回答をさせていただいても、到底ご理解を得ることは困難で、事態の解決にはならない」などとして、医院側が回答を打ち切る通知を、元患者に行った対応は、誤りではない

また「クリニックとしては、係争中の患者様につきましては治療を控えさせていただいております」も当然の対応
以前に「最善の協力をする」「諦めないで、私たちに(治療を)やらせて欲しい」などと、以前に患者側に約束していた治療を、患者が拒否したのだからしかたない

>医師法19条には、「診療に従事する医師は、診察治療の求めがあった場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない。」とあることを、自由診療に携わる医師であっても、なおさら忘れてはならない。

治療に協力的でない場合は、治療を拒否できるのも常識
 
とおりすがり さん 
2015-11-19 12:11:37
でも症状を治せていないんだし病院側が悪いと思うよ。
症状に対しての治療法がないんなら医療としては問題だし、関係者はいつまでたっても後遺症の調査や研究もしないでいるのだから自分たちに原因があると思うよ。
 
南○山 さん  ( 40代 男性)
2015-11-19 16:26:55
南○山は結構トラブル多いよ。

昔オフ会のリーダーの人と会ったときに聞いたことがあるけど、ここの女医は結構被害者出してるし、術後異常が出ている患者への対応も誠意がなく良くないと・・・

そういえば、この眼科も昔訴訟沙汰になっていたのも懐かしい記憶。
 
えぇ〜っと さん 
2015-11-19 17:42:21
>いつまでたっても後遺症の調査や研究もしないでいるのだから自分たちに原因があると思うよ。

貴方が言う後遺症とは何でしょうか?
過矯正なら再手術で矯正できる。
ハロやグレアだとしたら、調査や研究も何も最初から理論的に改善できないのは明白。
今更、どんな後遺症の調査や研究をしろと言っているのでしょうか?
 
南○山 さん  ( 40代 男性)
2015-11-19 19:21:53
割り込みで申し訳ないのだが、レーシック手術の術後の不具合なんてろくに知られていない事実多いですよ。

因みに、術後の過矯正が引き起こす一部の異常はろくに知られていません。
あなたは以下の角膜トポブラフを見てこれが過矯正の状態だと見抜けますか?
http://kuroneko.hatenadiary.com/entry/20121224/p1
 
南○山 さん  ( 40代 男性)
2015-11-22 08:11:43
因みに、このトポグラフも過矯正が原因で全く同じことが起きているんですね。
これは過矯正の状態を矯正せずに高負担を掛け続けた眼に起こってしまう視軸ズレを引き起こすレーシックの不具合です。
ただ、現在活動されてるレーシック関係者達にこれを見抜ける医師はいないですが・・・
http://somei2012.hatenablog.com/entry/2012/10/13/221124
 
さん 
2015-11-22 12:56:45
>南○山 さん
あなたは医師の方ですか?
これが本当に照射ズレかどうかの正確な判断はわかりませんよ。
単なる個人のブログを出しこれがそうだからと言っても
本当なのかわからないのが現状ですよ。
 
南○山 さん  ( 40代 男性)
2015-11-22 13:30:17
私は医者じゃないですよ(笑)
もう7年近くになりますが、元レーシック難民です。

自信を持って言いますが、これは手術の過矯正(遠視)が引き起こす術後の視軸のズレ(照射のズレではない)です。

角膜トポグラフを見るとレーザー照射部分(青い円形部分)が中心より上にありますよね?(正確にはやや斜め上)
これは元々中心にあった青い円形状の部分が術後の生活で過矯正が原因で斜め上に移動したもので照射ズレなどではありません。

こうなってしまった場合、実は遠視矯正を行ってやるとズレた位置が元の位置に戻るのですが、術後あまり長く年月が経過していると遠視矯正を行ってもズレが治らない場合があるので注意が必要なのですよ。

まあしかし・・・これが照射のズレではなく過矯正が原因で術後の生活で変位したものと見抜ける執刀医は今は皆無ですが・・・
 
えぇ〜っと さん 
2015-11-24 15:33:32
ま さん

レーシック難民の戯言は無視された方が宜しいかと思います。
思考も住む世界も別次元なので、レーシック難民を相手にしても無駄です。
一応、暇なので、レーシック難民の狂った戯言を指摘しておきます。

>あなたは以下の角膜トポブラフを見てこれが過矯正の状態だと見抜けますか?
http://kuroneko.hatenadiary.com/entry/20121224/p1

眼科専門医を含め、トポを理解している常識人で、この術後のトポのみで「過矯正」と判断する人は皆無です。
術前の屈折と術前のトポが無ければ(通常はDifferential Mapで術前後の屈折の変化を見ます)「過矯正」とも「低矯正」とも判断できません。
このトポのみで判断できるのは、
・エキシマレーザーで近視と乱視の照射をしている事
・角膜に不正乱視がある事
 ただし、その不正乱視がエキシマレーザーの照射に因るもの(照射ズレ等の不正な照射)なのか、術前から存在した不正乱視なのかも、術前のトポが無ければ判断できない。
・視軸のズレなど殆ど無い事
 あまり鮮明ではないので断定は出来ませんが、同行中心と視軸(角膜頂点)に殆どズレが無い
 瞳孔中心と視軸のズレがあったとしても、術前のトポと比較しなければ、LASIKに因るものかの判断など不可能。
実際には、術前後の瞳孔中心・視軸(角膜頂点)・角膜中心の変化を見なければ判断できない。(当然ですが、術前後の眼位の変化が確認できれば、話は別です)
 
えぇ〜っと さん 
2015-11-24 15:34:44
ま さん

続きです

>因みに、このトポグラフも過矯正が原因で全く同じことが起きているんですね。
>これは過矯正・・・視軸ズレを引き起こすレーシックの不具合です。
>ただ、現在活動されてるレーシック関係者達にこれを見抜ける医師はいないですが・・・
http://somei2012.hatenablog.com/entry/2012/10/13/221124

このトポも同じ
特徴的なのは前出のトポの患者より乱視の照射が強くされている事くらい
このトポでも、視軸のズレを判断できる材料は無い
因みにトポ上の黒い点線で描かれている円形の所が瞳孔で、瞳孔中心が小さい■で、視軸(角膜頂点)が+で表現されています。

>ただ、現在活動されてるレーシック関係者達にこれを見抜ける医師はいないですが・・・

恥ずかしくないのでしょうか?

>私は医者じゃないですよ(笑)

医者と間違われて嬉しそうなのが哀れすぎて・・・

>これは手術の過矯正(遠視)が引き起こす術後の視軸のズレ(照射のズレではない)です。
>角膜トポグラフを見ると・・・これが照射のズレではなく過矯正が原因で術後の生活で変位したものと見抜ける執刀医は今は皆無ですが・・・

情けなさ過ぎて何も言う事は、ございません。

>自信を持って言いますが

無知な狂人が自身を持つと恐ろしいです
 
えぇ〜っと さん 
2015-11-24 15:40:19
ま さん

因みに、レーシック難民の戯言の多くが、「レーシック難民」を商標登録して、「レーシック難民救済」を謳っていた麻酔科医によるものです。
結局、レーシック難民救済などできずに消えてしまいましたが・・・
 
南○山 さん  ( 40代 男性)
2015-11-24 16:15:47
上↑の人の言うことは無視したほうがよろしいです。
ムキになっていることからして単なる煽りでしょう。
他の人に対しても同じ感じですよね。

再度自信を持って言いますが、これは過矯正が引き起こす視軸のズレでレーシックの不具合です。
私自身がこの状態から完治したことと、この状態になってた患者の角膜トポを担当医師から数多く見せていただいた結果自信を持って言い切れます。

レーシック後の異常でお悩みの方は以下のスレッドが大変参考になりますので一読をお勧めします。

術後の見え方
http://www.lasik-049.com/lasik_taiken/thread-10416.html?keyword=%BD%D1%B8%E5%A4%CE%B8%AB%A4%A8%CA%FD

術後の見え方 その2
http://www.lasik-049.com/lasik_taiken/thread-10453.html?keyword=%BD%D1%B8%E5%A4%CE%B8%AB%A4%A8%CA%FD

術後の見え方 その3
http://www.lasik-049.com/lasik_taiken/thread-10483.html?keyword=%BD%D1%B8%E5%A4%CE%B8%AB%A4%A8%CA%FD

術後の見え方 その4
http://www.lasik-049.com/lasik_taiken/thread-10507.html?keyword=%BD%D1%B8%E5%A4%CE%B8%AB%A4%A8%CA%FD

術後の見え方 その5
http://www.lasik-049.com/lasik_taiken/thread-10549.html?keyword=%BD%D1%B8%E5%A4%CE%B8%AB%A4%A8%CA%FD
 
南○山 さん  ( 40代 男性)
2015-11-24 16:25:51
追加:『術後の見え方』はPart17まであります。
 
えぇ〜っと さん 
2015-11-24 16:49:22
訂正とお詫び

×視軸のズレなど殆ど無い事
 あまり鮮明ではないので断定は出来ませんが、同行中心と視軸(角膜頂点)に殆どズレが無い

○視軸のズレなど殆ど無い事
 あまり鮮明ではないので断定は出来ませんが、瞳孔中心と視軸(角膜頂点)に殆どズレが無い

誤字に気づきませんでした。
申し訳ございません。
 
えぇ〜っと さん 
2015-11-24 17:38:45
追記(難民が理解できないのは良いが、誤解を招かない為に)

調節性内斜視:遠視が原因で起こる内斜視で、先天性内斜視とは明確に区別する必要がある

つまり、過矯正(遠視)で内斜視になる事は有ります。
過矯正を放置して良い事は何も有りません。
過矯正の場合は、眼鏡やコンタクトレンズで正しく矯正するか、再手術で回復させる必要があります。

何度も繰り返しますが、LAISKは、手術です。
目標値から誤差を生じて、低矯正になる可能性も過矯正になる可能性も有ります。
当然、ReLExもICLも低矯正や過矯正等の誤差を生じる可能性は有ります。

私が、難民の戯言として否定しているのでは、過矯正による内斜視の可能性ではありません。

術後のトポのみを見て過矯正であると、判断できるという、常軌を逸した戯言です
 
またお前か・・・ さん 
2015-11-24 17:55:45
お前はこの掲示板荒らしていることに気づかないのか?
お前のせいでこの掲示板の雰囲気が悪くなるんだよ。
お前のレスなど誰も求めていない。消えろ、レーシックヲタク。
 
南○山 さん  ( 40代 男性)
2015-11-25 13:14:23
実際に手術を受けた患者さんで術後異常を感じている人は、時間はかかりますが以下の長編のスレッドを読んでください。
決して無駄にはなりません。

異常を感じている殆どの患者さんは、実は過矯正の遠視が原因です。
特に強い遠視を放置し過負担を掛け続けると視軸ズレを引き起こしたり厄介なことになります。
暗所に行った時に酷く視界が残像したり悪くなる人は、一度角膜トポグラフを確認してください。
リンク先の角膜トポグラフと同じような形状になっています。
こうなった場合、遠視は一日でも早く矯正することが重要なのです。
 
えぇ〜っと さん 
2015-11-25 14:22:47
>特に強い遠視を放置し過負担を掛け続けると視軸ズレを引き起こしたり厄介なことになります。
>遠視は一日でも早く矯正することが重要なのです。

正しい主張です。
過矯正を放置し続けると調節性内斜視になる可能性があります。
(眼精疲労、その他の不具合も生じます)
レーシック難民は、この自称「元難民」の主張を受け入れて、遠視(過矯正)の矯正を検討すべきです。

>リンク先の角膜トポグラフと同じような形状になっています。

この術後のトポだけで何か判断出来る様な、常軌を逸した戯言は無視した方が良いです。

過矯正の判断は、トポではなく、矯正視力検査が正しく実施されれば、容易に確認できます。
どうしてもトポで確認したい場合は、Differential Mapで術前後の角膜屈折度数の変化を確認し、予定矯正量との比較で確認できます。
簡単に説明すると
術前トポの角膜屈折度数が45.00D
術後トポの角膜屈折度数が41.00D
であれば、実際の矯正量は、41.00-45.00=-4.00D
術前の屈折度数がS-4.00Dだとしたら適正な矯正が得られたと予測できます
術前の屈折度数がS-5.00Dだとしたら、-1.00Dの低矯正矯正と予測できます
術前の屈折度数がS-2.00Dだとしたら、+2.00Dの過矯正と予測できます。
(トポじゃなくて、レフケラのケラト値の変化で判断しても大差無い)
また、調節性内斜視(自称元難民が言う「視軸ズレ」)は、普通に眼位検査をすれば容易に判断できます。

それをどうして、術後のトポのみで判断できるかのような嘘を自信を持って主張し続けるのか・・・
やはり難民は怖いです。

自称元難民が、必死で読ませようとしているスレッド?は、暇な方は読まれても良いと思います。
読んでみて、共感する(参考?になる)か共感できない(参考?にならない)かは、それぞれ個人の価値観や知性によって異なると思います。
因みに、私には、只々気持ち悪いだけでした。
 
南○山 さん  ( 40代 男性)
2015-11-25 16:38:31
なんか必死になっている人がいますが、無視したほうがよろしいかと思います・・・
恐らくネットの情報や専門書などを読み漁っているだけの実戦経験の無い人間でしょう。

レーシック難民の皆様へ

とにかく過矯正で困っている人は余り長く放置しないようにして下さい。
放置すると遠視が定着したり、また過矯正の影響で眼が視軸のズレを引き起こしてしまいます。
こうなってしまうと擬似的な偏心照射の状態になり暗所での見え方が悪化します。
先に掲載したリンク先の両目とも鼻側上方にズレている角膜トポが見本です。

強い眼精疲労や頭痛を感じている人で暗所での見え方が像が下方向にびよーんとブレるような人は一度自分の角膜トポを確認してみてください。
リンク先の角膜トポと同様なら鏡で自分の眼を観察してみてください。
瞳孔の位置などが両目ともに鼻側上方に変位しているはずです。

視軸のズレは遠視を矯正すると元の位置に戻ってくるのですが、余り長く術後放置すると遠視を矯正しても治らない場合があるので一日でも早く遠視を矯正することが重要です。
 
J さん  ( 20代 男性)
2015-11-25 17:04:14
>過矯正の判断は、トポではなく、矯正視力検査が
>正しく実施されれば、容易に確認できます。

これは全くの間違いですよ。

特に近視眼ではなく遠視眼の場合、一部の患者
さんは矯正視力検査などではとてもじゃない
ですが正確な遠視度数は把握などできません。
オートレフを使用しても同じです。

検影法などのマニュアルタイプの屈折検査で
なければ一部の遠視眼の患者さんの屈折度数
を把握することは難しいものです。
 
えぇ〜っと さん 
2015-11-25 18:17:23
>過矯正の判断は、トポではなく、矯正視力検査が
>正しく実施されれば、容易に確認できます。

>これは全くの間違いですよ。

「矯正視力検査が正しく実施されれば、容易に確認できます」
この簡単な日本語が何故理解できないのでしょうか?
当然、愚かな眼鏡屋やゴミ眼科が行う、レフや過去データに頼った誤った検査は、正しい矯正視力検査とは言えません。
ここで屈折矯正手術後の正しい矯正視力検査の方法を解説する気は有りませんが・・・

>特に近視眼ではなく遠視眼の場合、一部の患者さんは矯正視力検査などではとてもじゃないですが正確な遠視度数は把握などできません。

だから、愚かな眼鏡屋やゴミ眼科が行う、レフや過去データに頼った誤った矯正視力検査では正しい屈折などわかる筈有りませんが、逆に正確な遠視度数は正しい矯正視力検査でしか判断できません。

>オートレフを使用しても同じです。

当たり前の事を今更主張するな

>検影法などのマニュアルタイプの屈折検査でなければ一部の遠視眼の患者さんの屈折度数を把握することは難しいものです。

この愚かな眼鏡屋なのかゴミ眼科の(言葉を鵜呑みにしている)輩は、前回の書込みでもスキアがどうのと嬉しそうに語ってましたが、検影法(スキア)が振れる事が凄い事の様に語っているが、検影法(スキア)自体にたいした技術はいらない。
レフよりも器械性近視の影響が少ない
レフよりも調節の介入が少ない
ってだけで、検影法(スキア)で正確な屈折度が測れるとは限らない。
レフよりも調節の介入が少ないだけで、調節が全く介入しないとは言えない
更に、患者の調節だけではなく検者の調節が介入する可能性も有る
まぁ通常は、先ず検者がCalibration用の模擬眼を使って検査直前に自分の眼のCalibrationを行って精度を上げる工夫をしますが・・・
(日に依って時間帯に依って体調に依って検者の眼の状態も変化する)
また、愚かな眼鏡屋なのかゴミ眼科の(言葉を鵜呑みにしている)輩は、非検者に遠方視をさせれば、調節が介入しないと愚かな思い込みをしていたりするので、検影法(スキア)を過信するのが危険だと言う事に気付かない
調節麻痺剤を使用したレフ値を正しいと判断する愚か者も多いが、単に筋肉が過弛緩する事も有る事を知らない無知な輩としか言えない

ここは嘘吐きが多くて異常です
 
またお前か・・・ さん 
2015-11-25 18:45:06
南○山さん、Jさん、それにこれまでえぇ〜っとに絡まれた他の皆さん、もうえぇ〜っとには相手にならんほうがいいですよ。

この人が出現するようになってからはこの掲示板は荒れる一方だし、対策としてはもう奴の投稿には返信しないことが一番。
突っ込み所があっても一切無視で奴一人で投稿させていればいいだけ。
 
つーか さん 
2015-11-26 01:03:52
一人長文で偉そうなのがいるけれど、専門書とかに載っている専門知識を語っているだけの関係者でもない医学の知識をかじっただけの素人が、「ここは嘘吐きが多くて異常です」ってw
 
えぇ〜っと さん 
2015-11-26 09:25:08
つーか さん

>専門書とかに載っている専門知識を語っているだけの関係者でもない医学の知識をかじっただけの素人

仰るとおりです
ご理解いただき、ありがとうございます。

私のような素人にも理解できる、専門書の簡単な内容を、嘘で捻じ曲げて主張する輩が多いのがここの特徴です。
専門家(自称眼科専門医)が、ここにいた時期も有りましたが、結局ここの嘘吐き共に締め出された形なのか、理解力の無い人種に何を言っても無駄な事を悟ったのか、いなくなってしまいました。
で、結果レーシック難民同士が自分達を慰め合うだけの気持ち悪い場所になり果て、難民の嘘を指摘すると「荒れた」と締め出しにかかります。
私は、暇つぶしに難民の嘘を、専門書等に書かれている簡単な内容を基に指摘しているだけです。
当然、LASIKを推奨する気もありません。

 
えぇ〜っと さん 
2015-11-26 19:26:05
>角膜トポグラフを見るとレーザー照射部分(青い円形部分)が中心より上にありますよね?(正確にはやや斜め上)
>これは元々中心にあった青い円形状の部分が術後の生活で過矯正が原因で斜め上に移動したもので照射ズレなどではありません。

この狂った主張は完全な誤りです。
どこの「担当医師」に騙されたのか、哀れな妄想なのかは、判りませんが、虚偽を自信を持って主張しても真実にはなりえない事を学ぶべきです。

嘘吐きの言う2名のトポ4枚には、瞳孔と瞳孔中心と角膜輪部が明白に確認できます。
調節性内斜視の状態であったとしても、トポ測定時は、片眼で、ほぼ角膜中心で固視されているのが容易に確認できます。
つまり、このトポ即定時は内斜状態では測定されていないと言う事です。

今日、試しに自分の右眼をTMS5で測定してもらいました。
先ず固視灯を真直ぐ見て測定。
当然、測定されたトポは、角膜中心から円形に青い状態で上下左右のバランスも綺麗です。
次いで、あえて固視灯の左側(測定中心が瞳孔縁を外れない程度)を見て測定
トポは、青い円形が鼻側に偏って測定されますが、瞳孔も角膜も鼻側に偏っているのが明白に確認でき、嘘吐きが持ち出した4枚のトポとは明らかに異なる状態です。
ORTに、この嘘吐きが言う4枚のトポを見せ、これが照射ズレではなく眼位ズレに因るものだと主張する輩がいると話したところ、呆れ顔でした。

私も嘘吐きと同様に自信を持って断言しますが、嘘吐きの指摘するトポは「元々中心にあった青い円形状の部分が術後の生活で過矯正が原因で斜め上に移動したもの」などでは決してありません。

ただし、嘘吐きの言う

>一日でも早く遠視を矯正することが重要です。

には、完全に同意します。
LASIK術後の不具合を抱えている方は、早くまともな検査ができる眼科を受診して、自身の屈折度を含めた眼の状態を把握し、過矯正であれば早く遠視を矯正する事をお勧めします。

先日は「情けなさ過ぎて何も言う事は、ございません。」で済ませましたが、今日は暇なので嘘を指摘しました。
余談ですが、ゴミ眼科は、木曜日休診の所が多いですよねぇ

 
shu さん 
2015-11-28 01:26:52
実は、私も南○山さんと同じで昔活動していた難民救済の先生に助けて頂いた一人です。

以下の2枚の角膜トポグラフィーについて見解が分かれていますが、結論を言いますと、実は南○山さんの言っていることが正解なんです(笑

http://kuroneko.hatenadiary.com/entry/20121224/p1
http://somei2012.hatenablog.com/entry/2012/10/13/221124

南○山さんが仰っているように、これは過矯正が引き起こす視軸という眼の軸のズレなのです。
この事は、これを治療した医師、それと実際にこの不具合を起こした患者さんで遠視矯正の再手術を受けて治った人にしか分からないでしょう。
そして、現在これを治療できる医師はもう引退しています。
他の眼科を何件も受診してもこれを見抜ける医師などはいないでしょう。(たいてい照射ズレとかと勘違します)

過矯正が引き起こす視軸のズレなのですが、殆どの人が鼻側上方(鼻側下方の人も稀にいる)に視軸がズレます。
なので過矯正による視軸ズレを引き起こした角膜トポグラフィーは皆が似たような形状になっています。

因みに、これが私の角膜トポグラフィーです。
http://fast-uploader.com/file/7004194343567/

どうですか?似ているでしょう。
このような感じになります。

今は遠視矯正の再手術を受けレーザー照射部分もど真ん中に戻ってきています。
再手術した眼科のカルテのコピーを貰っていないので再手術後の角膜トポグラフィーは持っていないのですが、
現在は以下のWebの角膜トポグラフィーと同じ感じです。

過矯正による視軸ズレは遠視矯正で治ります。
とにかく、遠視を放置しないこと、眼に強い負担をかける行為を長時間続けないことが重要です。
 
shu さん 
2015-11-28 01:33:14
貼り忘れていました・・・

現在は以下のWebの角膜トポグラフィーと同じ感じです。
http://www.gankaikai.or.jp/important/lasik.html
 
えぇ〜っと さん 
2015-11-28 13:54:23
>2枚・・・結論を言いますと、実は南○山さんの言っていることが正解なんです(笑

自分の無知さ理解力の無さに対する自虐的な「(笑」なのでしょうか?

難民と自称元難民に理解できないのは、最初から承知していたので、説明は省きますが、術後のトポのみで過矯正による調節性内斜視の判断は出来ないのが真実です。

私は、決してこのトポの難民や自称元難民の過矯正や調節性内斜視を否定している訳では有りません
更に、過矯正を矯正して調節性内斜視が回復した事を否定している訳でも有りません
あくまでも、術後のトポだけでは、過矯正による調節性内斜視の判断は出来ないと嘘を指摘しているだけです。
また、再手術後に↓これに近いトポになって
http://www.gankaikai.or.jp/important/lasik.html
調子が良いのであれば↓これは
http://fast-uploader.com/file/7004194343567/
「元々中心にあった青い円形状・・・斜め上に移動したもの」ではなく、過矯正を含めて不正なレーザー照射がされた事が明らかです。

>これを治療した医師、それと実際にこの不具合を起こした患者さんで遠視矯正の再手術を受けて治った人にしか分からないでしょう。

完全に同意します。
このトポを「元々中心にあった青い円形状・・・斜め上に移動したもの」と主張するのは、難民と眼科の医局に所属したことが無く、独学で眼科を学び?勝手な思い込み診断の多かった麻酔科医のみです。
眼科医として悪名が高く、特に白内障治療では・・・
その麻酔科医もトポのみではなく、眼位検査をしたはずですが?
更に、その麻酔科医は、他院LASIK後の照射ズレや照射斑は、解っていても患者には言わないのが特徴です。
「訴訟なんて起こそうとしたらダメ」と言われた難民は多いのでは?
どうしても「元々中心にあった青い円形状・・・斜め上に移動したもの」と主張したいのであれば、LASIK術後間もない調節性内斜視になる前の角膜中心が青くなっているトポと過矯正の為に調節性内斜視が起こり「元々中心にあった青い円形状・・・斜め上に移動したもの」と言い張るトポを開示しましょう。
まぁ100%無理でしょうが・・・
 
えぇ〜っと さん 
2015-11-28 13:55:53
>現在これを治療できる医師はもう引退しています。

眼科を謳うのを辞めただけで、引退などしていません。
今は、心療内科をメインに謳って診療行為をしていると思います。

>過矯正による視軸ズレは遠視矯正で治ります。
>とにかく、遠視を放置しないこと、眼に強い負担をかける行為を長時間続けないことが重要です。

これには完全に同意します。
 
えぇ〜っと さん 
2015-11-30 09:01:04
>現在これを治療できる医師はもう引退しています。

その医師が、多くの被害者を出した銀座眼科の院長に、自分の眼科を居抜で売り渡しました。
多くの被害者を出した銀座眼科の院長に、LASIKを教えたのも、その医師です。
その医師を崇めるのは・・・
 
ワッツ さん 
2015-12-06 03:41:46
リンク先の難民の人、これ早めに遠視矯正すれば治るよ
逆に手術してから時間が経過し過ぎていると、遠視矯正してもずれた視軸戻ってこなかったりする
 
yosi さん 
2017-09-15 09:52:53
遠視矯正といえば角膜を平坦にするわけですね。
角膜は外側のほうが内側より倍近く厚みがありますから、遠視矯正は賛成です。押し広げる作業で遠視も矯正できます。

上の書き込みに返信する方は以下のフォームに記入し、「送信」ボタンを押してください。

は必ずご記入ください

お名前
■メールアドレス
*専用のメールフォームが設置されます。
他のユーザーからメッセージを受け取ることができます。
本文
以上で書き込みできますが、よろしければ以下の項目も選択してください。
■年齢
■性別
 

ご注意

禁止項目に該当する書き込み、プライバシーの侵害、名誉毀損(事実の有無・真偽にかかわらず成立する場合があります)、企業・法人の権利の侵害、著作権侵害、暴言、広告・商業目的等に該当する書き込みでない事をご確認下さい。
利用規約を良くお読みいただいてから、送信ボタンを押してください。

▼掲示板TOPへ戻る