相談掲示板 投稿数:8980

クリニック体験談 投稿数:554

アイコンレーシックを考えるページとは

管理人のレーシック体験記

レーシックで失敗しないために・・・ レーシックを考えよう!

レーシックを考えるページ
 
レーシック質問・相談掲示板

レーシックによる過矯正

この書き込みに対する返信をすべて表示しています。 (返信:5件)

| 返信する |
 
レーシックによる過矯正
(返信数:5) 返信
[治療時期] 1〜3ヶ月前 [治療名] LASIK
[術前視力] 左目:0.05未満 右目:0.1
[術後視力] 左目:1.2 右目:1.2
[現在の状態] あまり良くない
質問・相談
シャイロママ さん  ( 50代 女性)
2013-11-04 15:38:27
不同視、老眼により眼鏡が辛く、コンタクトレンズも違和感など強く長く入れられない状態だったため、レーシック手術を8月31日に受けました。
ところが、過矯正にされおまけに老眼であるため、非常に辛い日々を送っています。
医師は「少し遠視を矯正する」と再手術をするようなことを言っていますが、そのことによるリスクはどのような物でしょうか?
年齢を考えて、すこし近視に戻すそうです。
再手術の時期は何時ごろが適切でしょうか?
ちなみに、左目は正視、右目は+0.5くらいとおもいます。

 
レーシック被害者 さん 
2013-11-04 19:03:13
病気の治療法の研究は通常大学病院を初め、様々な研究機関が行なうものです。
所がこの「過矯正」の治療は特殊な状況に置かれているのです。
?まず日本の眼科学会は近視を病気とは認めていません。
従って普通の眼科医師達は屈折矯正手術(レーシック等)を本気で勉強しません。
?更に日本では順天堂大学・佐藤教授が1939年に世界に先駆けて屈折矯正手術行ないましたが、10年後に角膜が白濁し失敗してしまいました。
この事が大きなトラウマとなり、屈折矯正手術に対するかたくななまでの抑制となり、研究すらタブー視する傾向を強めていったのです。
?2000年にやっとレーシック手術が解禁されましたが、まともな眼科医師たちはこれに見向きもせず、日本で実際にレーシック手術を行ったのは、「美容外科系」からの転入組医師達でした。
つまり日本の眼科学会はレーシック手術に前向きではなく、さらにレーシック失敗による被害者の治療など、誰も本気では研究していないと言う事です。
本来レーシック手術の被害者達の治療は、レーシック手術を行ったクリニックがするべきものです。しかし再手術は最初の手術の何倍も難しく、成功する可能性もずっと少ないのです。
日本のレーシック手術を行なってきた「美容外科系」からの転入組医師達が、出来れば手を出したくない程レーシック被害者の治療は難しいのです。
驚くことにレーシック難民のブログを見ていると、長期保証をしているにもかかわらず、被害者への治療をほとんどしてくれない所さえあるようです。
「しばらく様子を見ましょう。」はこういうクリニックの常とう文句です!!
このように一旦レーシック手術で被害者が出ると、それを治療する受け皿が今の日本にはないのです。だからレーシック難民は救われないのです。
 
さん  ( 10代 男性)
2013-11-04 20:03:34
>シャイロママさん
私も+0.5ぐらいならば再手術はしなくてもいいと思いますが、とりあえず術後3ヶ月は様子を見るのが良いでしょう。

ここに詳しく過矯正について書かれていますので参考にしてみてください。
http://www.nakamura-lasik.jp/faq2_5.html
 
さん 
2013-11-05 00:15:01
散瞳後の値かどうか聞かなくてアドバイスしてる業者ってバカじゃね?
 
ほや玉子 さん  ( 30代 男性)
2013-11-14 14:38:00
シャイロママさんの
無事と健康を
祈っています

どうか吉報を待ってます

上の書き込みに返信する方は以下のフォームに記入し、「送信」ボタンを押してください。

は必ずご記入ください

お名前
■メールアドレス
*専用のメールフォームが設置されます。
他のユーザーからメッセージを受け取ることができます。
本文
以上で書き込みできますが、よろしければ以下の項目も選択してください。
■年齢
■性別
 

ご注意

禁止項目に該当する書き込み、プライバシーの侵害、名誉毀損(事実の有無・真偽にかかわらず成立する場合があります)、企業・法人の権利の侵害、著作権侵害、暴言、広告・商業目的等に該当する書き込みでない事をご確認下さい。
利用規約を良くお読みいただいてから、送信ボタンを押してください。

▼掲示板TOPへ戻る