相談掲示板 投稿数:8980

クリニック体験談 投稿数:554

アイコンレーシックを考えるページとは

管理人のレーシック体験記

レーシックで失敗しないために・・・ レーシックを考えよう!

レーシックを考えるページ
 
レーシック質問・相談掲示板

角膜拡張症

この書き込みに対する返信をすべて表示しています。 (返信:29件)

| 返信する |
 
角膜拡張症
(返信数:29) 返信
[治療時期] 1〜3年前 [治療名] LASEK
[術前視力] 左目:0.05〜0.1未満 右目:0.05〜0.1未満
[術後視力] 左目:0.1未満 右目:0.1未満
[現在の状態] 悪い
体験談
でぶねこ さん  ( 30代 男性)
2009-05-25 21:54:52
レーシックを受けて角膜拡張症になった人2人と知り合うことができました(自分含め3人)。
毎日目のゆがみと格闘する日々、10万人に1人というのはうそでしょう。
このような状態になる方が増えないことを祈ります。
また医療の進歩で角膜拡張症の治療ができるようになることを祈る毎日です。

このスレッドには極端な表現が含まれている可能性があります。


 
でぶねこ さん  ( 30代 男性)
2009-05-25 21:57:31
間違えました、左目の今の視力は0.7くらいです。
 
land さん 
2009-05-26 11:23:54
従来は、角膜拡張症は角膜中心部(角膜実質層)を削りすぎてしまったことが原因で
起こるものと考えられてきたわけですが、軽度近視の矯正後にも発生しているという
報告もあるので、手術を受けるならば誰も覚悟しなければならないリスクという状況に
なっています。
 
G さん 
2009-05-27 13:47:21
land 様

角膜拡張症(そんな傷病名は存在しないんだけど)を覚悟しなければならない手術なら、
誰も受けないし、
医者も、そんな危険な手術は、誰もやらない

残存角膜厚が十分に残っている状態で、
角膜拡張症とやらになったって報告を
是非!是非!お教え願いたい
よろしくお願いいたします。
 
くろ目 さん  ( 20代 男性)
2009-05-27 20:03:11
でぶねこさんへ

はじめまして
以前から書き込みを読ませて頂いています。
数少ない角膜拡張症を併発した経過やご苦労されている記録を読んでから、私もレーシックを受けた者として いつかは自分も併発するのではないかと覚悟しています。

すこし前のトピ(術後の見え方9)で西田さんという方が発症してしまったようです。なにかアドバイス等がありましたらコメントお願いします。

Gさんへ

角膜拡張症という傷病名は存在しないとのことですが、以前のレーシックの判例でこの病名が使われています。
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20070302182842.pdf
本当に存在しないのでしょうか・・・

また、2006年5月の屈折手術学会誌にて「軽度近視のレーシック後発症の両側性角膜拡張症」と議題にされています。
LASIK術前に角膜の厚さが十分にあり、「フルステ」と呼ばれる角膜拡張症を示唆するサインが角膜解析で認められなかったにもかかわらず、軽度近視の矯正後に角膜拡張症を合併した症例が議論をよんでいる。
と和訳されています。
確実に軽度近視の方で角膜拡張症を発症した人がいると思うのが妥当ではないでしょうか・・・

今後何人もの人が発症してしまうのではないかと恐れています。早く適切な治療法ができることを切実に願っています。
 
G さん 
2009-05-28 11:25:58
くろ目 様

>本当に存在しないのでしょうか・・・
最近「角膜拡張症」という言葉が、独り歩きしている事は、十分に承知しております。
ただし、医学的な傷病名として「角膜拡張症」は存在しませんし、症状を考えると「角膜拡張症」は不適切ではないでしょうか?
【拡張:範囲や勢力・規模などを広げて大きくすること。】
角膜が拡張って、違和感ないですか?
ある非眼科専門医が使い出した言葉が、独り歩きしているだけです。
くろ目様が引用された、「2006年5月の屈折手術学会誌」の報告に関しても、
非眼科専門医がKeratectasiaを独自に「角膜拡張症」と訳しただけではないですか?
通常は、Keratectasia(ケラトエクタジア)かectasia(エクタジア)をそのまま使用するか、
くろ目様が引用された判決文に記載されているスウドケラトコーヌス(擬似円錐角膜)を使用するのが、常識的だと思います。
まぁ、ここで言葉遊びをする積もりもないですし、「角膜拡張症」という言葉に、拘っている訳でもありませんので、議論する気も有りません。
将来的には「角膜拡張症」が傷病名として認められる可能性もZEROではないですしね。

そんな事よりも、非眼科専門医の言う事や、不確かな情報を安易に信じてしまう方が心配です。
 
たけし さん  ( 40代 男性)
2009-05-28 13:49:33
ここは医学用語を議論する場所ではないので、正式にあるかどうかなんてはっきり言ってどうでもいいんですよ。
「角膜拡張症」という言葉で内容が伝わればいい話なんで、言葉遊びをしたいなら他に行ってください。
 
最初で最後の書き込み さん  ( 30代 女性)
2009-05-28 18:52:17
気になったので初書き込みさせてもらいます。

私はこちらの書き込みにも出てくる眼科でレーシック
をする予定でした。

その眼科は手術前にケラトエクタジアの事(1万人に1人位の確率で発症すること、現在では原因が解らないこと、治療法が解らないこと、いつ発症するかも解らない等)をちゃんと説明して下さいました。そして私にはその様なリスクを負ってまでレーシックをする必要がなかったので、キャンセルしました。

眼科の方は私の決断に、患者さんが納得して手術してよくなってもらう事が大切ですので気になさらないで下さいと言って下さりました。

何が言いたいのかというと、リスクがあるというのをちゃんと知った上でレーシックをしてもらいたいということです。知った上で手術して万一ケラトエクタジアになったとしたらまだ納得がいくと思うからです。

レーシックする前に自分がケラトエクタジアになったらと考えたりしたんで、でぶねこ さんやその他のケラトエクタジアを発症された方は本当に苦労なさっていると思います。なのに他の人が同じような目に合わないためにこちらでその経験を語るということは、私には真似の出来ないことです。早く治療法が見つかる事を切に願っています。

文章力がないので書き込みする気がなかったんですが、ここの掲示板で私が色々教えて貰ったように、自分の経験が誰かの役に立てばよいなと思い、長々と書いてしまいました。
 
でぶねこ さん  ( 30代 男性)
2009-05-28 22:22:51
レーシックをした某大手クリニックでは、はっきりと「ケラトエクタジア(角膜拡張症)」と言われました。
日本屈指の角膜専門医にも角膜拡張症と言われ、他の眼科でも角膜拡張症と言われました。正式名称はなんでもいいですが。

手術前のデータを専門医数人に診てもらいましたが術前にケラトエクタジア(角膜拡張症)が発生すると判断するのは困難と言われました。

くろ目さんへ
西田さんですか、私の知っている二人とは違う人ですね、その方とも連絡をとってみたいです。

最初で最後の書き込みさんへ
そうですね術前に十分な説明があれば少しは気持ちも違っていたかもです。同意書の下に小さな文字で角膜拡張症のことが触れてありました。

クリニックの担当者(医者ではない)には「ごく稀なことですし、うちみたいにたくさんやると出てしまうんです。」と言われたときはなんとも言えない気持ちになりました。
 
くろ目 さん  ( 20代 男性)
2009-05-28 23:16:12
でぶねこさんへ

この度は大変失礼な書き込みをしてしまい誠に申し訳ありませんでした。角膜拡張症が医学的な傷病名となっていない事を知っていたのにもかかわらず書き込みをしました。
でぶねこさんへのあまりにも配慮のなさに、ついムキになってしまったようです・・・
私も配慮が足りませんでした。
この場を借りてお詫び申し上げます。

<ある非眼科専門医が使い出した言葉が、独り歩きしているだけです。
結構なことじゃないですか・・・
この症状を万人に知る事が出来るなら、私も名前なんて関係ないと思っています。
でぶねこさんも より沢山の人に知ってもらいたいと思って書き込まれたのだと思います。

より良い治療法が出来る事を本当に願っています。
でぶねこさんは非常に辛い状況だと思いますが、今後解決策が早急にできる事を信じましょう。
ささやかながらですが応援させていただきます。
 
で? さん 
2009-05-29 02:10:14
術後残存角膜厚が十分に残っている状態で、角膜拡張症を発症した報告は、教えてもらえないのでしょうか?
術前の近視が軽度かどうかは関係なく、あくまでも残存角膜厚での話をお願いします。
 
G さん 
2009-05-30 11:20:44
>手術を受けるならば誰も覚悟しなければならないリスクという状況になっています。

このレーシックに対して過度な不安をあおる発言と

>今後何人もの人が発症してしまうのではないかと恐れています。

既にレーシックを受けた方々に過度の不安を生じさせる発言に対して説明を求めているだけです。

手術が適正に実施され、残存角膜厚が十分残っている状態でも、Keratectasiaが高い確率で発生てるんですか?
正しい施設選択と正しい執刀医選択の下では、安全性の高い手術だと言う認識は誤りですか?
トラブルを抱えている方々は、不適切な手術を施された事が原因で、それは誤った施設選びに起因するものではないのですか?
手術に関するリスクを正しく伝える事は、とても重要だと思います。
しかし
Keratectasiaが、LASIKを受けた人全てが、覚悟しなければならない『リスク』のような表現は、正しくないと思いますが、如何でしょう?
 
くろ目 さん  ( 20代 男性)
2009-05-31 22:46:44
Gさんへ

>手術が適正に実施され、残存角膜厚が十分残っている状態でも、Keratectasiaが高い確率で発生てるんですか?

現時点で何人の方が発生しているのか私には分かりません。しかし、この掲示板内に でぶねこさん、ジェンさん、ころさん、西田さん いずれも角膜ベット250以上の方のようです。エクタジア発症の原因が確実に解明されていない現在では、今後発症する方が出てくるかもと推測してもおかしくないと思います。
現にこちら http://www.minamiaoyama.or.jp/clinic_news/200754.html では
「最近、アメリカやヨーロッパではエクタジアの発生調査が行われており、報告される症例数がどんどん増えています。」と書かれています。
決して高い確率で発生するとは思っていません。
しかし現時点で将来確実に発症しないと断言できるデータはないと思います。発症が1〜2年後となっている方もいますし・・・

>トラブルを抱えている方々は、不適切な手術を施された事が原因で、それは誤った施設選びに起因するものではないのですか?

失敗させられた経験からして、私は誤った施設選びだったと思います。しかし、これからレーシックを受けようと思っている人は、事前に不適切な手術をしている施設を知ることはなかなか難しいように思います。
しかも、そもそも本来はどこの施設で受けても失敗があってはいけないものなのではないでしょうか? 施設選びをした患者の責任にするのは少しおかしいように思います。ほとんどの方が眼科専門医のもとで手術を受けていると思いますし・・・

では、Gさんが考える、術前の説明が十分で、適切な手術を行なっている一番の施設を具体的に教えて頂けないでしょうか?

>Keratectasiaが、LASIKを受けた人全てが、覚悟しなければならない『リスク』のような表現は、正しくないと思いますが、如何でしょう?

でぶねこさんは中度近視で残存角膜が400前後のようです。過去に手術を受けた方で中度近視の割合は分かりませんが、かなり多くの人が当てはまる術後のデータなのではないでしょうか・・ 私もほとんど同じです。エクタジアの発症の原因が完全に解明されていない以上、術前にしっかりリスクの説明がされなければならないと私は思います。
 
くろ目 さん  ( 20代 男性)
2009-05-31 22:49:21

続きです・・・

術後不具合になってここに書き込まれているほとんどの方は眼科専門医によって手術をされています。眼科専門医ならば誰でも手術を行なうことができるシステムにひずみが生じてしまっているような気がします。Gさんは如何お考えですか?

最後に、私の書き込みによって過度の不安を生じさせてしまった方がいましたら誠に申し訳ありませんでした。
私は術後に不具合が残り、この掲示板を見付け、でぶねこさんの過去の書き込みを見た時に正直怖いと感じました。
私は術前にエクタジアの説明を受けませんでした。同意書には書かれていたのですこし調べたのですが、まず発症しないだろうと書かれていました。しかし現にこの掲示板には数人の方が発症したと報告があります。この報告を見たので、私は将来エクタジアが発症してもわりかし素直に受け入れる事ができると思います。
要するに、知らずに起こるより、事前に知っていた方がその状況を受け入れやすいのではないかと思うのです。あくまで不安を生じさせるために書き込んだ訳ではなく、もしかして将来起こるかもしれない事をみなさんに事前に知っていて欲しいと考えたので書き込みました。
 
コロッケ さん  ( 40代 男性)
2009-06-01 12:53:06
くろ目さま、Gさま、でぶねこさま

http://www.entani.com/Message_ASCRS2009.html

遠谷眼科のHPに載ってました・・・・
参考にしてください。よろしく
 
G さん  Gさんにメッセージを送る
2009-06-02 20:20:44
くろ目 様

特定の施設名を出す事はできません
施設選定の条件
ttp://www.safety-lasik.net/images/gl_menus/safeconditions_on.gif


・執刀医が5年以上のレーシック執刀経験者
・医療行為に対して不適切な、キャンペーン、キャッシュバック、等を行っていない。
・レーシック専門施設ではなく、眼科保険診療(白内障手術等の眼科手術含む)を行っている眼科
・術前に血液検査を実施している

上記条件を満たしている眼科であれば、最悪な事態は防げます。

>ほとんどの方は眼科専門医によって・・・

そうでしょうか?
非眼科専門医も多くないですか?
『理事長』『院長』『医学博士』『東大卒』『症例数』『○○賞受賞』等に惑わされて非眼科専門医の手術を受けてませんか?

ある非眼科専門医が経営しているクリニックは一人の執刀医が1日50人くらい執刀しますが、医局で話題になるのは、手術時間のみです。
単に速さを執刀医同士で競い合ってるだけです。

ここで話題に上る『人助け医師』も非眼科専門医ですよね
ttp://www.geocities.jp/nendodaisuke/imgs/__tn_048.JPG
この治療、取り返しが付くのでしょうか?
 
G さん 
2009-06-02 20:21:15
今回の週プレのレーシック記事は、予想外になかなか善かったと思います。

自分の感想や体験談は伝えられるが、人には勧めない

正解だと思います。
特定の施設や手術を勧めて、不満の残る結果になってしまった時、責任の取りようがないですし、一生精神的な重荷になります。
「カリスマ女医」と書かれるのは不本意だったと思いますが、宮島教授のQ&Aも善かったと思います。

角膜拡張症と思い込んでいる人達や診断された人達で、Keratectasiaではない方は、結構多いです。
術前と術後のORBSCANデータを正しく評価できなければ、Keratectasiaなのか、術後に発生した不正乱視なのか、誤ったエキシマレーザー照射に因る不正乱視なのか、不正なフラップに因る不正乱視なのか、判断するのは難しいです。
ここで、角膜拡張症と診断された方々は、カルテ(術前術後のORBSCANデータ含む)を持参して、宮島教授の診察を受けられては如何でしょうか?
※宮島教授の執刀や施設を推奨しているのではありません。(角膜拡張症の診断を確認する為の受診をお勧めしているだけです)
 
i さん  ( 20代 男性)
2009-06-02 22:10:29
どちらにしろ拡張症になったらさわいでも
現在の医学じゃすぐには治らないって事ですね。
培養角膜ができるまで待つしかない
 
くろ目 さん  ( 20代 男性)
2009-06-03 20:34:20
G 様

安心LASIKネットワークですか・・・
アドレスが間違っているようですので貼らせて頂きます。
ttp://www.safety-lasik.net/
久しぶりに拝見しましたが、会員リストが更新されているようですね。
確かに、これからレーシックを希望している人には有意義なサイトだと思います。しかしながら、手術を受ける前に、果たして何人の人がここを訪れることができるかは甚だ疑問です。
しかも、会員リストに載っていないクリニックも今後同じような業態に変わって行くかもしれませんしね・・・
もっと効果的な情報開示を期待します。

週プレも拝見しました。私の気になった箇所はここです。
(残念ながら当学会としては、医師のやる医療行為を「こうせよ」とコントロールできません。講習を受けてガイドラインを守ってやってほしいと推奨するしかありません)
現在のレーシック業界が抱えている問題の難しさを少し感じました。

G様が載せて頂いた画像も拝見しました。
しかしながら、私にはこの写真が取り返しのつかないほど重傷な状態なのか全く理解が出来ません。
あえてどこの医院で治療したのかはお尋ねしませんが、この写真の目に抱えている問題を教えて下さい。ここで解説できないような内容でしたら直接メールを送らせて頂きます。よろしくお願い致します。

G様との数回のやり取りの中で、レーシックについて適切な処置をすべきだと願い、安易な再手術をするなと警告して下さっている方だということは理解できました。
レーシックという医療行為について真剣に考えていらっしゃるようですね。その点は私達難民と通じる所があるように思います。
 
G さん 
2009-06-04 11:30:38
くろ目 様

いつも私の言葉足らずなんでしょうね

『安心LASIKネットワーク』全体が有意義なサイトとは考えておりません。
所詮ここも宣伝サイト、当初は会員リストの所に「安心して受けられる施設」みたいな宣伝文句がトップにありましたしね。
ここの会員施設も信頼できる所かどうかは疑問です。
色々書くのは面倒なので、「安心の条件」を引用させてもらっただけです。
ttp://www.safety-lasik.net/conditions_of_relief.html

・執刀医が5年以上のレーシック執刀経験者
・医療行為に対して不適切な、キャンペーン、キャッシュバック、等を行っていない。
・レーシック専門施設ではなく、眼科保険診療(白内障手術等の眼科手術含む)を行っている眼科
・術前に血液検査を実施している

私が書いた、この施設選びの条件って、無意味ですかね?
少なくとも、難民化された方々は、この条件に当てはまらないクリニックでレーシックを受けたのではないですか?
 
G さん 
2009-06-04 11:31:39
角膜拡張症と思い込んでいる人達や診断された人達で、Keratectasiaではない方は、結構多いです。
術前と術後のORBSCANデータを正しく評価できなければ、Keratectasiaなのか、術後に発生した不正乱視なのか、誤ったエキシマレーザー照射に因る不正乱視なのか、不正なフラップに因る不正乱視なのか、判断するのは難しいです。
ここで、角膜拡張症と診断された方々は、カルテ(術前術後のORBSCANデータ含む)を持参して、宮島教授の診察を受けられては如何でしょうか?
※宮島教授の執刀や施設を推奨しているのではありません。(角膜拡張症の診断を確認する為の受診をお勧めしているだけです)

これも無意味な情報ですか?
 
G さん 
2009-06-04 11:33:21
ttp://www.geocities.jp/nendodaisuke/imgs/__tn_048.JPG
この治療、の内容は、コロッケさんに聞いてください。

お騒がせしましたね。
さようなら
 
コロッケ さん  ( 40代 男性)
2009-06-04 12:52:05
G様、くろ目さま

前述の写真、目の状態がどうなのか、私にもさっぱりわかりません。あしからず。

ただ、Gさんお薦めのプレイボーイは早速読んで参考になりました。ただ気になったなのは、宮島教授のQ&Aで、Q3の答「100%安全な手術はないのですが、99.99%は安全と言える時代になってきています。」との書いてありましたが、この掲示板を見てるとほんまかいなと思います。
 
くろ目 さん  ( 20代 男性)
2009-06-04 21:50:31
G 様

決して言葉足らずとか、無意味な書き込みだと思っている訳ではないのです。
しかし、他の書き込みをされる方とは明らかに違った内容で、違った角度から書き込みをされていますので、情報を素直に信じて良いのか疑ってしまっているのだと思います・・・
恐らく医療関係の方なのではないでしょうか?(間違っていたら申し訳ありません。)
それならば、なおさら疑ってしまうのですよ。他の難民の方ならその気持ちを理解して頂けると思いますが・・・

Gさんがどういった方で、どのような真意なのかを確かめたく色々とやり取りをさせて頂いていたのです。

エクタジアの検査の件も、本当に有力な情報なのかもしれません。しかし、Gさんの存在があまりにも謎な故に素直に受け入れられないのだとご理解頂けないでしょうか?

写真の件も同様です。なぜこの写真を説明もせず載せたのか、なぜ知っているかも分からないコロッケさんを名指しで聞いてくださいと仰ったのか、全くもって謎なのです。

もうこちらをご覧になる事はないのかもしれませんが、もし見る機会がありましたら、ご説明ならびにご解説をお願い致します。
 
G さん 
2009-06-06 19:57:15
もうどうでもいいので
あなたに返す言葉なんてありません
 
G さん 
2009-06-08 17:21:34
くろ目 様

やはり、ここは怖い所ですね
ID:EwNjZhZm Gさん ← 私ではありません。
私の心情を代弁してくれる好意なのかも知れませんが、
なりすましは、善くないと思います。

もぉ、登場する気はなかったんですがね。

写真の件は、ここで善人扱いされている非眼科専門医が
行った彼オリジナルの手術です。
当然、術前は、この治療で良くなると説明を受けて手術を受けた患者さんですが、結局は全く改善していないようです。
角膜にリング状に見えているのは砂金だそうです。
この砂金に関しては、手術前は、取ろうとすれば取れると説明されていたようですが、実際には取れません。
コロッケさんは、この非眼科専門医を信頼されているようなので、この砂金手術をご存知だと思ってました。

自身を「難民」と言ってしまうような人達は、悪い方へ悪い方へ流されて行ってしまいそうで心配です

宮島教授の「99.99%安全・・・」と言うのは、「正しく施術されれば」が抜けているだけ
適切な施設で適切な設備を用いて、レーシックに精通した眼科専門医が執刀するLASIKは、99.99%安全であると言っても誤りではないと思います。

これで、本当に
さようならです。
以降、Gと言う名前の書き込みは私ではないと認識してください。
 
エミナコ さん 
2009-06-08 18:51:06
あやしい、業者かもしれないですね
Gさんって人100%安全とか
ならこんだけ苦しんでる人はどう説明するねん
 
くろ目 さん  ( 20代 男性)
2009-06-08 23:47:47
G 様

なりすましですか・・・
非常に良くないことだと思います。
なんとなくGさんではないことは察してはいましたが、今回書き込んでくださらなければ鵜呑みにしてしまっていたと思います。
IDが毎回変わる所が以前からこの掲示板の問題点だと思っていました。
書き込みして頂きありがとうございます。

写真の件もご説明して頂きありがとうございます。
これ以上の情報は自分で調べるか、もしくはY先生に直接お尋ねしてみたいと思っています。

いろいろとご無礼があったかと思いますが、情報提供して頂きありがとうございました。
 
くろ目 さん  ( 20代 男性)
2009-06-24 19:22:18
少し遅くなりましたが、Gさんのが掲載した砂金手術の写真の真相を調べたので報告したいと思います。

まず、Y先生に直接お尋ねしました。
この患者さんはもともと円錐角膜だったのにもかかわらず、ある病院でレーシック(フラップ作成まで)を受けてしまったそうです。Y先生は良くなる根拠がありこの砂金手術をされたそうです。(砂金の効果まではお聞きできませんでした・・・) 患者さんは満足しており、その後も診察に訪れにくるそうです。
しかし、Y先生の話だけを信じる訳にはいけないと思い、この患者さんにも直接連絡を取りました。
この患者さんは「Y先生は良い先生だと思います。今後も月に1回は診察に通うつもりです」と回答がありました。

Gさんがどんな意図があってこの写真を掲載したのかは結局解りませんが、
患者さんがY先生を信頼していますので、この件は特に問題ないものかと思います。
お騒がせして申し訳ありませんでした。

別のトピのSazabiさんが言われていますが、
真相は自身で確認を取らなければいけないことを実際に感じました。
どの情報を信じ、それが正しい情報かを判断するのは自分自身です。みなさんくれぐれも安易に情報を信じないようにして下さい。

でぶねこさんへ

途中からトピの本題から随分と離れてしまいました。
ご気分を悪くされてしまったようでしたら誠に申し訳ありませんでした。
エクタジアの効果的な治療法が早く確立されることを本当に願っています。さぞお辛い状況だと思いますが、希望を持って、今を楽しむ気持ちをお忘れにならないよう前向きに頑張って下さい。
微力ながらですが今後も応援させて頂きます。

 
マロン さん  ( 40代 女性)
2016-01-18 18:05:26
はじめまして。
私も現在、角膜拡張で悩ん過ごしております。
私の場合、角膜拡張を診断されたのは、術後4年くらい経って
からでした。
現在、ハードコンタクト+眼鏡で視力を出しているのですが
、進行しているようで日々不安です。
みなさんは、もう進行は止まったのでしょうか?
コンタクトは何時くらい装用されているのでしょうか?
アドバイス等ありましたら、宜しくお願いいたします。

上の書き込みに返信する方は以下のフォームに記入し、「送信」ボタンを押してください。

は必ずご記入ください

お名前
■メールアドレス
*専用のメールフォームが設置されます。
他のユーザーからメッセージを受け取ることができます。
本文
以上で書き込みできますが、よろしければ以下の項目も選択してください。
■年齢
■性別
 

ご注意

禁止項目に該当する書き込み、プライバシーの侵害、名誉毀損(事実の有無・真偽にかかわらず成立する場合があります)、企業・法人の権利の侵害、著作権侵害、暴言、広告・商業目的等に該当する書き込みでない事をご確認下さい。
利用規約を良くお読みいただいてから、送信ボタンを押してください。

▼掲示板TOPへ戻る