相談掲示板 投稿数:8917

クリニック体験談 投稿数:554

アイコンレーシックを考えるページとは

アイコン管理人のレーシック体験記

レーシックで失敗しないために・・・ レーシックを考えよう!

レーシックを考えるページ
 

レーシックの前に、視力について

日常生活で得られる情報の8割は視覚によるものという言葉があります。
視力とはその視覚の働きの度合いを示す一つの指標ですが、具体的にはどのような意味合いなのでしょうか。

視力とは

視力とは、離れた二つの点を識別する能力です。視力表のC(ランドルト環といいます)の切れ目がこれに相当します。1.0の視力は、眼球から1分(1/60度)の角度の広がりの延長にある2点を識別できる状態を言います。具体的には、5m先では1.5mm離れた2点であり、手元50cmではなんと0.15mmの距離を識別するのです。0.1の視力はその10倍の角度の2点を識別する状態で、5m先では1.5cmとなります。(医学まめ知識より)

視力低下の原因は?

●環境適応要因説●
通常、物を見たときの映像は、その映像を正確に映す「網膜」で焦点を結びますが、近視の場合はその焦点が「網膜」の前の方で結ばれてしまうわけです。 近くを見る時間が長いと毛様体筋が緊張し、水晶体が厚くなったままの状態が続くために遠くを見てもなかなか薄くならず、遠くのものがぼやけて見えにくくなります。これが近視のなり始めで「仮性近視」といわれる段階です。これが習慣的に繰り返されることで近視がひどくなるという眼科専門の説を「環境適応要因説」といいます。 通常、「近眼」といわれている眼は「真性近視」と呼ばれ、「屈折性近視」と「軸性近視」の2通りがあります。(※遠視にも屈折性と軸性があります!) 屈折性近視は仮性近視が進行したもので水晶体が厚くなったまま薄くならないため、光の遠近調節が難しくなった状態の近視です。軸性近視は、眼軸が奥に伸びて眼球が楕円形になり、それと共に近視が進行して網膜に近視性変化が生じた状態を指します。

スポンサード リンク

視力の測定に関する情報

視力表の1番上にある大きな視標が 0.1の視力で、以下視標は小さくなり、0.2,0.3,0.4,0.5,0.6,0.7,0.8,0.9,1.0,1.2,1.5,2.0 の視力が検査できます。 ところで、視力表の段階は等間隔になっていません。実際に視力表をみるとわかると思いますが、0.1 の視標と 0.2 の視標では大きさがかなり違います。一方、1.5 と 2.0ではその視標の大きさには差がほとんどありません。 ところが、数字の上では視力 0.1 → 0.2 ではその差が 0.1 、1.5 → 2.0 ではその差が 0.5も違い、前者に比べて後者の方が大きな差があるような印象を受けてしまいますが、実際に視標の大きさの変化をみるとそのような大きな差はないのがわかります。例えば、視力が 0.1 → 0.2 、0.9 → 1.0、同じ0.1 の差ですが、実質的な視力を考えると、0.1 →0.2の差を100%とすると、0.9 →1.0 の差は約 10% です。したがって、0.9 の視力が 1.0になった変化よりも 0.1が 0.2になった変化の方が比較にならないほど大きな変化なのです。

スポンサード リンク
レーシック難民座談会、後遺症に苦しむ方から失敗しないためのメッセージ

新着クリニック体験談

☆治療結果ランキングTOP5

順位クリニックポイント
1位安淵眼科4.8
2位名古屋アイクリニック4.5
3位銀座近視クリニック4.5
4位南青山アイクリニック4.4
5位品川近視クリニック4.3

>>ランキングを詳しく見る